薬を服用することでうつ病の症状を緩和することが可能

薬を用いる

うつ病は、精神的な病になるため治療薬として精神安定剤などを使用します。また、不眠症の人には睡眠薬も処方してもらうことが出来るため薬を用いて治療に専念すると良いでしょう。

» 詳細を確認する

WELISTEN

薬の服用

うつ病の薬を購入する時は必ず購入の仕方を知る必要があります。色々な種類があり、正しい服用の仕方が必要になります。

自己判断せず服用する必要がある

何をやっても気分が落ち込んでしまう、体が疲れやすく常に不安で不眠が続いている場合、うつ病を発症しているかもしれません。うつ病は、現代人によく見られる病気ですが、正しく薬を服用することで症状を改善することが可能です。 薬の服用期間は、人によっても症状によっても異なります。また、最近になってうつ病にも様々な種類があることが分かりました。よって、種類も変わってきますが、うつ病の患者で多いのが、少しよくなったからと言って服用をやめてしまうことです。一時的に良くなっても、完全に治っている訳ではないので、医師の指示があるまで、しっかりと服用することが大切です。期間は短くて3ヶ月程度、長くなると治療は年単位となります。

好きなことに熱中する

うつ病は、毎日薬を服用しなくてはなりません。最近は、医療費削減のためジェネリック薬品を使うよう推進しているところもあります。ジェネリック薬品は、後発医薬品であり、安く手に入れることもできます。しかし、症状によっては従来の薬を使った方が良い場合もあります。最近は、薬局で自分で申告すればジェネリック薬品を使うことが可能ですが、事前に医師にジェネリックを使っても良いか聞いておくと間違えがありません。 またうつ病の治療は、薬だけでなく気分転換や趣味を見つけることが改善に大きな効果を発揮します。どんな小さなことでも良いので、普段とは違うことをしてみる、または新しいことや好きなことに熱中することも大切です。

うつ病患者に処方される薬

うつ病患者の治療の1つに薬物療法があります。 うつ病にはどのような薬が使用されるのでしょうか。 まず抗うつ剤はほとんどのうつ病患者に処方されます。 飲み始めてすぐに効果があらわれませんが、飲み続けていくうちに症状が改善していきます。飲み始めの頃は吐き気などがでることもありますが、しだいにおさまってきます。 抗不安剤は以前は精神安定剤とよばれていた薬です。服用後1〜2時間で効果があらわれ、抗うつ剤に比べ即効性があります。不安やイライラを鎮める効果がありますが、一時的なものなので、うつ病そのものを治す効果はありません。 うつ病患者には不眠になる方が多いので、睡眠薬も処方されます。睡眠薬により不眠が改善されると、心身ともに健康を取り戻すことができます。 薬は毎日飲むので、処方された量にもよりますが、保険証があれば1週間分でだいたい3,000円くらいです。

抗うつ剤を服用す時の注意点

うつ病の治療でメインに使われる抗うつ剤ですが、医師に言われた通りに正しく服用することが大切です。通常抗うつ剤は、はじめは少量を服用して体に慣らしていき、徐々に必要量まで増やしていきます。飲み始めの頃にイライラしたり、死にたいという気持ちが強くなる副作用がでる人もいるので、注意が必要です。 また、薬の効果があらわれ、症状が落ち着いてきたからといって、自己診断で服用を中止するのは絶対にやめましょう。急に服用をやめると、めまいや耳鳴り、顔にしびれがあらわれるなどの中止後症状がでることがあります。 このような症状が出ないためにも、医師の指示にしたがい、徐々に薬の量を減らしていくことが大切です。 焦らず、薬を正しく服用して、症状を改善させましょう。

うつ病の治療に欠かせない薬

一般的に、うつ病の人の治療には症状を抑えるための薬の処方が欠かせません。それはただ単に、頭痛や胃痛など症状に応じた処方である場合もあるのですが、大抵はうつ病本体に対抗するための薬が処方されます。 それは抗うつ剤という薬のことで、脳に直接働いかけてうつの原因を解消する効果があるので多くのケースで利用されています。 うつ病の場合、脳の中でセロトニンという物質に過不足が生じ、それによってやる気の低下や睡眠障害などが引き起こされます。そのため、それらの症状の大本である脳物質のバランス異常を治すことがうつ病治療の第一目標となっていくのです。 抗うつ剤はその効果や副作用などによってもいろいろ種類があるので、気になる人は一度チェックしみるといいでしょう。

抗うつ剤の使用

うつ病に使用される抗うつ剤は、うつ症状を抑えることが出来る薬になっています。また、薬には副作用もあるため近年では治療薬を用いずに治療をする取り組みが行われているため薬に抵抗がある人は相談すると良いでしょう。

» 詳細を確認する

新薬を利用

うつ病の治療薬には、新薬などもあります。しかし、新薬の場合費用が高いため購入して使用を続けることは難しいものといえます。そのため、多くの人がジェネリック医薬品を利用しているといえます。

» 詳細を確認する

うつ病の治療

うつ病の治療は、薬だけでは改善することが難しいものです。そのため、薬以外にも周りのサポートが必要となってくるため周囲に話にくい場合でも勇気を出して打ち明けることも治療に必要といえます。

» 詳細を確認する

副作用を知る

うつ病の治療薬には副作用が付きものです。そのため、薬を服用する際には予め副作用を把握しておくと良いでしょう。また、薬の服用に不安がある場合は医師に相談することで安心することが出来るといえます。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る