薬を服用することでうつ病の症状を緩和することが可能

副作用を知る

うつ病に効果のある薬とは

うつ病の利用を開始すると多くのケースで薬物療法という方法がとられます。中にはカウンセリングなどの心理療法だけで治療を進めていくという人もいるのですが、やはりより治療の効果が期待できるものをと考えるのであれば薬物療法がおすすめです。 うつ病の治療に使用される薬は抗うつ、抗不安といった直接その症状を抑える効果のあるもの、睡眠障害や頭痛などの症状を抑えるものなど様々です。ですが、最も多いケースではこの抗うつ薬を主体に治療を進めていくところが多く、クスリの種類も多いことから副作用の少ないより自分の症状にあったものを使用することができます。 もちろん、自分にあったクスリが見つかるまでは多少時間がかかってしまうという可能性もありますが、それでも治療を続けることで確実に症状が改善されていくので心配はいりません。

その副作用と具体的な作用

先にも説明した通り、抗うつ薬はうつ病の治療、薬物療法には欠かせないクスリです。このクスリは、うつ病の症状を引き起こす原因でもある脳の情報伝達物質のバランスを調節する効果があります。直接脳に働きかける効果があることから、その効果は高く、継続的に飲み続けることで着実に完治へとつながっていきます。 ただ、このクスリ、効果が高い分その副作用も多少気になってきます。というのも、抗うつ薬というのは飲み始めの数日は副作用が出やすく、口の渇きや頭痛、めまいなどの症状が現れるということもあるのです。 もちろん、すべての人に副作用が現れるわけではありませんし、多くはクスリを飲み続けることで副作用の症状は治まっていきます。ですが、あまりにも症状が強い場合にはクスリが体に合っていない可能性もあるので、早急に担当医に相談してみるといいでしょう。

ページのトップへ戻る