薬を服用することでうつ病の症状を緩和することが可能

抗うつ剤の使用

うつ病の抗うつ剤は1種類に限定

うつ病の治療薬となる抗うつ剤はいくつもの種類があります。 しかし種類がたくさんあっても実際に治療に使用される抗うつ剤は1種類に絞られるのが一般的です。 それは他の抗うつ剤に問題があるというわけでは無く、複数の抗うつ剤を同時に使用することは副作用などのリスクを高め思わぬ健康障害を引き起す可能性があるからなのです。 同様の問題として、軽いうつ病でも大量の抗うつ剤を投与する多剤大量処方も注意喚起がされています。 抗うつ剤はうつ病の治療薬として確かに効果的ですが、副作用も少なからず存在する薬であり、複数同時に服用したり、1度に大量に服用する薬ではありません。 最近のうつ病治療は、できる限り抗うつ剤を使用せずに治療する方向にシフトしています。

薬を使わない治療法の導入

副作用もあり、大量に服用しては危険も高い抗うつ剤をできる限り使用せずにうつ病を治療する方法が現在日本でも模索されています。 ただし、薬を使わないうつ病治療法を新たに作り出すと言うことでは無く、薬を使わない治療法字体はすでに存在しているのです。 これまでの日本の心療内科では抗うつ剤を使用した薬物療法が主流でした。 しかし、世界的に見れば日本の薬物療法は一般的では無く、薬を使わない心理療法などをうつ病の治療法として採用してる国も多いのです。 薬を使わないうつ病治療は抗うつ剤の副作用に体を蝕まれることも無く、自然な形でうつ病を治療することが期待できます。 特に心理療法以外にも運動療法など、健康的な生活が送れる治療法もあり、籠もりがちなうつ病患者に是非とも推奨される治療法はいくつもあるのです。

ページのトップへ戻る