薬を服用することでうつ病の症状を緩和することが可能

薬を用いる

なぜ薬物療法が必要なのか

 心の病気に対して薬を使うということに、抵抗を覚える人は少なくありません。「心の問題を薬で解決できるのか」と思うでしょう。たしかにうつ病は心理的・社会的ストレスから発症することが多く、本人の元々の性格に原因を求める説も存在します。しかし最近の研究では、うつ病は遺伝的、精神的、身体的要因により、脳内の神経伝達物質が欠乏することで引き起こされると考えられています。  人間の思考や感覚は、神経細胞間の情報伝達がスムーズに行われることで成り立っています。神経伝達物質とは、その情報の伝達を担っている物質です。この働きに異常が起こると心の変調を来し、本人の意思だけでコントロールすることは困難になります。そのため、神経伝達物質の機能異常を薬の力によって戻す必要があります。薬物療法はうつ病を治療するうえで不可欠な要素なのです。

治療効果を最大限に得るためには

 薬の種類によって多少の違いはありますが、一般に抗うつ薬は効果を感じられるまでに時間がかかります。回復を焦るあまり患者さんが「治療法が間違っているのではないか」と疑い、服用を中断してしまうケースは少なくありません。  また、抗うつ薬は症状の軽重に関わらず、ある一定量の服用が必要です。症状が軽いので服用量も少なくて良い、というわけではありません。症状が治まってくると「もう薬を飲む必要はない」と考えがちですが、そこで服用を中断すると症状が再燃する場合があります。  患者さんの回復を焦る気持ちも、薬を早くやめたいと思う気持ちもとても自然なものです。しかし自己判断で治療を中断してしまうと、それまでの努力を台無しにすらしかねません。  不安や疑問を自分だけで解決しようとせず、医師や専門家に遠慮なく伝えましょう。十分な説明を受け、十分に理解・納得して治療に臨みましょう。患者さんと医療者との間で信頼関係を構築することで、うつ病の薬物治療はより効果的になっていくのです。

抗うつ剤の特徴とその注意点

抗うつ剤は先にも述べたようにうつ病をより確実に治療していくには必要不可欠な薬です。その効果の高さにも期待が持てるので、多くの人が実際に使用している薬ではあるのですが、使用には注意したいこともあります。 それはその使用期間、治療完了のタイミングの判断です。抗うつ剤を飲み始めてから1週間程度たてば、大抵の人はその効果を実感することができます。抗うつ剤に限ったことではありませんが、こういった精神的な病気に対する治療薬は効果が表れるまでにある程度の期間を必要とします。 そして、ある程度の期間がたてば自分でももう薬を飲まなくても大丈夫なのではと感じる人も少なくないのです。ただ、そう感じたとしてもそこで急にクスリの服用を中止するのは危険です。治療完了の時期は医師が判断するものですし、抗うつ剤をやめるにしてもある程度計画的に薬の量を減らしていかなければ体にかなりの負担を強いることになってしまうのです。

ページのトップへ戻る