薬を服用することでうつ病の症状を緩和することが可能

うつ病の治療

最適な医療サービスを受けるために

うつ病というのは非常に厄介な病気です。本人はとても苦しい思いをしてるのに、周囲は甘えているだけという見方をしがちです。そして、さらにこの病気を深刻にしているのは、人によって合う薬、合わない薬があるのです。精神科に長い期間通ってもうつ病が改善しないような事例が多々あります。そのようなことにならないためには、病気を診るより、人を診てくれる病院を選ぶことです。現在、多くの精神科で、医師の他に臨床心理士などの専門職を置くようになりました。うつ病の治療には、薬も大切ですが、心理療法も重要なのです。家族がうつ病に罹った場合は、医師だけが采配を振るう病院よりも、心理学の専門家を配置している病院を選ぶと良いでしょう。

自分の気持ちが出せる場所が必要

うつ病の治療に心理学の専門家が関わるのが好ましいのは、病気の人が気持ちを吐露できる機会があることです。病気の人が、周囲から激励叱咤されることは、有難いと思いながらも実は大変辛いのです。そのような場では、自分の気持ちを表現できずに、更に気持ちが落ち込んでいくことになります。そして、それを繰り返すことは、病気の治療にマイナスとなります。人から叱られることも批判されることもなく自分を出せる機会がとても大事なのです。薬を処方されるだけでなく、話をじっくり聞いてくれる専門家がいることで、病気の回復も早まります。病気の人にとっては通院も苦痛に感じることが多々あります。治療の場が安らぎの場となって、初めて快方に向かうことが出来るのです。

ページのトップへ戻る